リーダーたちの部屋 東京版

皆さんこんにちは。「リーダーたちの部屋」進行役、わくわく不動産の倉沢です。
本日は、全国で280店舗展開する持ち帰り専門の海鮮丼店「丼丸」においてFC店舗の展開や社内のインフラ構築を行う、株式会社丼丸の大川達弘代表にお越し頂きました!!

(インタビュー:2015年11月26日)

株式会社丼丸 代表取締役
大川 達弘 (Tatsuhiro Okawa)

海鮮丼店「丼丸」の魅力

倉沢 初めまして、今日は宜しくお願い致します。

大川 宜しくお願い致します。

倉沢 海鮮丼、頂きましたよー。本当に美味しかった!!

大川 ありがとうございます。

倉沢 あの美味しさで500円は本当に凄い!!メニューの数が多いのも嬉しいですよね??

大川 はい、全部で80種類以上あります。

倉沢 全部500円で食べれるんですか??

大川 はい。どんなメニューでも500円でお持ち帰り出来ます。それが丼丸の魅力です(笑)

倉沢 そうですよねー80種類のメニューの海鮮丼が全て500円で食べれるんですから、お客様からすればこんなに嬉しい事はないですよね。
ただ、500円で海鮮丼って聞くと、正直鮮度というか味が心配だったんですよ。
「安かろう、まずかろう・・・」ってイメージが強くて・・・

大川 そうですね。安いと品物も悪いって思われがちですよね。

倉沢 ただ、丼丸さんは本当に食べてビックリ。これで500円って本当に大丈夫なの??利益出るの??って逆に心配になりました(笑)

大川 ありがとうございます。ばっちり出てます!!(笑)
丼丸は元々はササフネというお寿司屋さんで出していたものを500円にしますよ、としているので本来なら1,000円位で出したい丼なんですね。
なので1,000円の丼が500円で食べれるので味や鮮度は保証致します!!

倉沢 確かに・・1,000円で売っていてもおかしくない内容ですね

大川 お客様にリピートして頂く事が全てですので、変な話、あえて高原価率にこだわっていますね。

倉沢 でも、1000円の物を500円で売るって利益は取れるんですか??

大川 はい、そこはしっかりと(笑)
ただ原価率は高いので、利益率は通常の飲食業で想定するよりも低いです。
しかし、リピーター率が相当高いので、利益はしっかり出ますよ!!

倉沢 わかります。確かに丼丸さんの味でしたら、また食べたくなるし、これだけのメニューがあれば色々食べてみたくなる。
ファンが付きやすいんでしょうね?

大川 ありがとうございます。ただ、味だけでなく、提供するスピードや接客にもよると思いますが、お陰さまで丼丸ファンはかなり増えています!!

飲食事業のインフラを整える

倉沢 大川代表は元々飲食の事業をされていたんですか??

大川 いや、実は本格的に飲食の事業に参入したのは今回が初めてなんです。

倉沢 それは驚きました!!まだそこまで長い時間お話したわけではないですが、飲食の事業に携わられて来られた方なんだなと思っていました。
では、何故この事業を始められたんですか??

大川 私は元々広告業の仕事をしていたのですが、リクルートさんから丼丸の本部である株式会社ササフネの会長をご紹介頂いた縁がきっかけです。
その頃の丼丸は

・FC店舗を更に拡大する事
・社内のインフラを強化する事

が大きなテーマとなっていたんですね。

会長にお会いしてお話をお伺いしているうちに、自分が今までやって来た事をそのまま生かせば、必ず力になれると確信を持ちましたので、株式会社丼丸を設立し事業のサポートをさせて頂いております

倉沢 事業のサポートですか??具体的にはどんなサポートをされているんですか?

大川 まずは、FC店舗を拡大する事です。自分の人脈や広告を使ってFCに興味がある方を探し、出店までのサポートをします。
そして、社内のインフラ強化ですね。丼丸はお店を作るということに関しては、特化しておりますが、どうしても社内のインフラの部分が弱いので、サポートをしていると言いますか、作っております。

例えば、売上報告一つにしても各店からFAXが届きます。電話が来ます。メールで来たものを会長が本部でexcelに落としてリスト化するということを行っていましたが、それをデジタル化し、ログインしたら自動で入力して集計される。と言うのを入れる事によって手間を減らしたりなど、アナログをデジタルに変えるという事が多いですね。

倉沢 営業からシステムまで色々手掛けられていらっしゃるんですね。
でも、インフラ一つにしても、全国で280店舗もありますから、いくら簡略化したとしても皆さん使いこなす様になるのは大変なんじゃないですか?

大川 そうなんです。280店舗全てに落とし込まないといけないので、単純にデジタル化するだけではなく、「誰もが簡単に出来る」ところまで考えて作り上げていかなければいけないという所が大変ですね。でも、まだ使いこなせないところも多い。
だいぶ効率化が出来ていますけど、次の課題はそこですね。

倉沢 後、FC店舗の拡大って・・・更に増えて行く予定があるんですか??

大川 いい勢いで増えてますよ。今年100店舗ちょいかなー。
月だと10~15店舗位増えてます

倉沢 えー凄い!!全部御社が手掛けているんですか??

大川 いやいや、さすがに全部ではないです。
新規の方もいらっしゃれば、店舗拡大で増やす方もいらっしゃいます。

倉沢 でも、新規にしても拡大にしても月にそれだけ増えるという事は相当、勢いがありますよね??

大川 そうですね。FCに興味がある方と面談する事が多いのですが、丼丸の仕組みを聞くとすぐに興味を持って貰えます。

倉沢 皆さんどの辺に興味を持たれるんですか?
凄い気になります。これって秘密の部分もあると思うんですけど、是非聞きたいです!

大川 全然いいですよ。では、その秘密を公開しましょう!!

倉沢 お願いします!!

大川 丼丸の店舗経営の魅力は大きく分けて3つに分かれます。

①狭くても店舗が作れる
②丼を作るのに技術がいらない
③加盟金やのれん代が低価格

なんですね。通常あるFC店舗よりも気軽に始められて、かつそこまでの制限もないという事が最初に魅力に感じて頂ける部分ですね。

倉沢 狭くても店舗が作れるという部分はわかります。私達もTAKEOUT専門の店舗を希望されている方に物件の案内はしょっちゅうさせて頂いているので・・
ただ、丼を作るのに技術はいらないんですか??

大川 大袈裟に言うとですけどね。食材は切り身で送られて来るので、乗せるだけで丼が出来るようになっています。
ただ、仕込みなど覚えないといけない事は沢山ありますが。

倉沢 なるほど。特別な技術がいらないので、気軽に始められ、且つ技術者がいらない為人件費が抑えられる、ですね!!

大川 するどいですね(笑)その通りです。
もし、自分で食材を捌けたり技術がある方でしたら、原価率を抑える事が出来るので、利益が更に出しやすくなります。

倉沢 後は加盟金やのれん代ですが・・これはロイヤリティって事ですよね?
すみません。この辺は良くわからないんですが、低価格なんですよね??

大川 自信を持って言えます。丼丸は加盟金100万で、のれん代が月々3万のみなんですね。のれん代で言えば、良くあるFCは売り上げの何%とか、食材は決まった所で仕入れなければいけないとか、結構制限がある条件が多いと思います。
ただ、丼丸はどれだけ利益をあげても3万円のみですし、仕入れ先もどこで取ろうが制限はかけてないので、自分の頑張りや工夫次第で利益が出やすくなる仕組みです。

後は先程のお話でも出ましたが、海鮮丼というコンテンツですよね。
1000円のクオリティーのものが500円で食べれて、且つ選ぶのが大変な位のメニューの数を用意しているので、リピーターが付きやすい。

倉沢 月に何人位お客様がいらっしゃるんですか??

大川 相当来られますよ。自分も今直営で3店舗経営していますが、1店舗あたり月2000人以上は普通に来て頂けますね。

倉沢 2000人!!それは凄い!!

大川 でも、それは普通です。売上をあげているお店はもっと来て頂いていますし・・

倉沢 因みに一番売上を上げている店舗でどの位あげられてるんですか??

大川 多い所では1カ月700万とかありますよ。しかも地方で。

倉沢 500円の丼を700万売るんですか!!それは凄い!!
でも、今日色々お話をお伺いして、丼丸さんの勢いの秘密がわかった様な気がします。
やはり、感じるのは、基本というか原点はお客様の為にですよね??

大川 そうですね。これはどんなビジネスにしても当てはまると思いますが、いくらいい食材、オペレーションを用意しても、お客様の目線になって考えていかなければ、絶対になりたたないと思います。
丼丸の場合は、食材等の原価率は高いですが、他の部分で抑えられるので利益が出やすい仕組みになっておりますが、でもお客様のリピートがないと成り立ちません。
いくら500円でメニューが多いとはいえ、丼そのものが不味かったら2度と来て頂けません。

実際、仕込みに手を抜いたり、接客が悪いお店は潰れていますから・・

金額やメニュー、オペレーションなどお客様がまた来たくなる為の材料は豊富にありますが、それをどう生かしていくか??どこまでお客様の目線になって考えられるか??が成功するポイントですね

お客様の為に!!成功とは人の魅力で左右する

倉沢 丼丸さんではどんな方が成功されるんですか??

大川 やはり人ですね。
店長が人をひきつけるか。と言うのが大きいかなと言う気はしますね。出す物が一緒だとしたら店長さんが良いところに行くじゃないですか。

倉沢 確かに・・笑顔で売ってくれた方の方がいいですもんね。

大川 先程のお客様事を考えての話ではないですけど、同じ物を出すならお客様が気持ちよく物を買える位の接客が出来る人の方がいいと思いますし、もし、接客が苦手という方でしたら、徹底的に職人であるべきだと思うんですね。同じものでも全然味が違う・・みたいな。

倉沢 わかります。不動産も同じです!!
不動産においては同じ物件の取り扱いも多いので、金額勝負って無いんですね。そうするとやはり最後は接客なんです。同じ物件を借りるならここで!!って

大川 やはりそうですよね。接客でも色々あると思うのですが、倉沢社長の接客における「こだわり」って、なんですか??

倉沢 私が常に意識しているのは、ただ部屋を案内するのではなく、その人のライフワークに合わせた提案を意識してます。
その方のこだわりや、ライフワークをなるべく引き出して、快適に住んで頂く為にはどんな部屋が合うのかな??を常に考えて提案するようにします。
後は妥協しないという事ですね。不動産業ってそこまで頻繁にリピーターって来るものじゃないんですね。なので契約が決まればいいって業者がほとんどなんです。
でもその方が本当にいい物件に巡り合って満足して頂ければ、次に引っ越す時、例えば結婚しました、子供が産まれました、って時に頼って頂けるじゃないですか?
そういう関係をお客様と築いていきたいと思っているので、私は常にその方が住んだらどうなるかな?をイメージして接客します。

大川 素晴らしいです!!
今まで不動産っていうとあまりリピートとか考えられないんですけど・・
確かに本当に気に入った部屋に巡り合ったり、その時の営業の方が印象に残っていると次に相談しようと思いますね

倉沢 お陰さまでうちの会社は多いですよ。世田谷から離れた方でもたまに会社に遊びに来て頂いたり、今は海外で暮らしているんですけど、日本に帰って来た時は必ず寄って頂いたり、ありがたい事に部屋を契約頂いた後でもお付き合いさせて頂いているお客様が結構いらっしゃいます。

大川 やっぱり、お客様の為に!!なんですね。

倉沢 ですね。そこは絶対です。

大川 後、お伺いしたいんですけど、僕は元々金融や広告なので、どちらかと言うと自分から足を運んで取りに行くスタイルの営業なんですね。今回、来店型の店舗を初めて経営して、その違いを凄く感じているんですけど。来店型の場合って来ないとダメじゃないですか?
お客様に来て頂くって、何かしてらっしゃるんですか?チラシを巻くとか。

倉沢 営業自体に何かをするというのはないんですけど、心がけている一つとして、私が大体6:00早ければ5:30位でスタッフは6:30から出社して、夜は基本10:00か11:00位まで居るんですね。ずっと電気を付けておいて、「いつでもあなたの相談に乗りますよ」「飛び込みで夜遅く来られても、ご対応させて頂きます」という無言のアプローチですね(笑)

そうするとお客様が自然にいらっしゃって下さるんです。他にも不動産があるんですけど、なぜかうちに来てくれる。
理由を聞くと「毎日朝早くから頑張ってるから」「夜遅くまで営業しているから」熱心な会社なんだな。って印象を持って頂けるんですね。

大川 なるほど、確かに、あそこの会社いつも電気が付いているなって気になりますし、熱心な会社だなってアプローチにもなりますね。

倉沢 それと、見てくれているであろう方に対するアプローチにもなります。駅前の店舗が電気を消してしまうと暗くて怖いんですよ。
だから常に電気を付けておけば、怖いと思っている方に少しでも安心を与えられると思いますし、時間があればゴミ拾いなどもやりますし、お客様が歩いている間にもずっと礼をしたり、誰が見ているかわかりませんが、見てくれているであろう方に対しての無言のアプローチですね(笑)うちがやっているのはこれだけです。

大川 凄いです。確かにわかります。早速うちも試してみます!!無言のアプローチですね。

倉沢 是非、試してみて下さい。さっきの電気はもう6年。このスタイルでやっています。

大川 結果報告致しますね。

倉沢 是非、楽しみにしています(笑)
逆に私もお伺いしたいんですけど、大川代表はクールな感じと暖かいイメージがあるんですけど、人と人との繋がりの秘訣と言うかお付き合いの幅が凄く広いので、どんなことに気を付けていらっしゃるのか。

大川 座右の銘と言うか、基本コンセプトが好きな事は、「とりあえずやってみる!!」なんですね。
とりあえずやってみようかな。とりあえずこうやったら上手に行くんじゃないかなって言うのは常に考えるので、それがあるかもしれないですね。
ありがたい事に色々な人から提案を頂くんですけど、もし、それが合わないものでも、「このままだとココがダメだと思うから、ここをこうしてみたら?」みたいな。
バッドで終わらないようにしているので、次に繋がりやすいというのがあるかもしれませんね。

倉沢 なるほどですね。その場では終わらせないという事ですね。

大川 元々仕組みを作るのが好きなので・・「このままだとうちには合わないので、こういうやり方はどうですか?」とかどんなに合わないものでも提案して頂いた方と一緒に考えたりする事が多いですね。
後、とにかく人と会う様にしてます。僕、テレアポからでも全員と会うようにしていますし。

倉沢 素晴らしいですね。まず受け入れると言うことですね。度量の深さというか人柄にも影響されている気がします。なかなかまずは会おうと思わないですもんね。
大川代表の魅力が凄い伝わりました!!最後に今後の目標を教えて下さい。

大川 丼丸のオフィシャルの目標として2020年までに2002店舗まで伸ばすというのがあります。この目標の中心に株式会社丼丸がいれる様に、むしろ引っ張っていける様になりたいと考えてます。
その為には店舗を作ったり、インフラの強化をするだけではなく、コンサルもしっかり出来る様にする。それが今の目標です。

倉沢 2002店舗ですか!!夢がありますね。
応援してます!!頑張って下さい。今日はありがとうございました。

大川 ありがとうございました。

対談を終えて・・・

この映像・情報は 2015年11月 当時のものです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
倉沢 涼子

倉沢 涼子 Ryoko Kurasawa

1974年8月22日生まれ
群馬県昭和村出身
現・世田谷区 千歳船橋在住 ・わくわく世田谷不動産 代表取締役
・千歳船橋参商会 副理事長(理事会2期目)
・地域密着ビジネスコンサルタント(ロゴ商標登録済)
・NLPプラクティショナー 受講生
わくわく感と安心感のある不動産取引 で取材実績、TV出演実績多数あり。世田谷の不動産エージェントとして 活躍中!

  • 倉沢流 風水不動産
    社長であり心理カウンセラーでもある倉沢涼子が風水の考えに基き、数千件におよぶ取引実績から皆様のご要望に最適な物件をご提供しております。
  • 倉沢流 お部屋探し
    長年の取引実績をも基にした統計学を中心に、風水知識やカウンセリングノウハウから多くのお客様の最適なお部屋探しのご相談に乗っております。
  • 倉沢流 店舗集客のお手伝い
    倉沢流の店舗集客は、物件だけじゃない!様々な販促ツールを使って、独立・企業・出店を徹底サポートいたします!